レギュラーガソリンとは

日本で販売されている自動車用のガソリンにはレギュラーとハイオクの二種類が存在し、前者の方が安価です。レギュラーとハイオクの違いはオクタン価です。オクタン価とは燃料油を空気と混合させて内燃機関(エンジン)のピストン内部で圧縮させて、点火プラグで燃焼(爆発)させる際の特性で、数値で表されます。オクタン価が高いほど高い圧縮に耐えることができる”高級な燃料”で、一部の高出力エンジンはハイオク専用とされています。ハイオクのみ使用可能なエンジンは高級車やスポーツカーに用いられています。さらにハイオクは主に欧州で一般的に用いられているもので、欧州の輸入車のほとんどはハイオクのみ使用可能です。それに対してレギュラーのほうはハイオクよりも安価であるという利点があるので、燃費を重視するエコカーやファミリーカー、営業車などの日本国内で販売される多くの自動車やバイクのエンジンなど幅広く対応していますが、欠点としてはオクタン価が低く、エンジン内で燃料油と空気の混合気はあまり高い圧縮に耐えることができないので、出力の点ではハイオクに劣ります。コストを重視するか、エンジンの出力を重視するかで使用する燃料油の種類と値段が違ってくるので、自動車を購入する際には両者の利点と欠点をよく検討するようにしましょう。